BLOG

2020.09.10

その断熱材、その施工で大丈夫?な話

日中も少しずつ過ごしやすくなってきましたね。

今年の冬を暖かく過ごすために、断熱リフォームをするのに最適な季節がやってきました!

とはいえ、まだまだ冬のことを考える気分にはなれないと思いますが、

寒い部屋は嫌だ!と考えたときには、やはり断熱リフォームです!

冬でも室温18℃以上で過ごすことが出来れば、各種疾患リスクの軽減・寿命も延びると言われています。

断熱施工されている家にお住いの方でも、夏暑い・冬寒いと感じることはないですか?

ひょっとしたら、間違った断熱施工をされているかもしれません。

↑上記はフリー素材から見つけた、袋入りグラスウールです。

この施工は何やらヤバそうな...

グラスウールは材料費や施工費が安いので、多くの工務店で使わている断熱材です。

袋入りグラスウールはビニール袋が防湿シートになっているのですが、

画像は破れていますね...これでは断熱の意味が全くありません。

断熱材の内容を自慢げに語る営業マンが居ても、施工するのは誰でしょう??

断熱材は、隙間があったり防湿が不十分だと湿気が壁などの内部に侵入し、内部結露が発生する可能性があります。

結露と言えば、、、カビ。カビを放っておくと、、、ギャ。

 

施工が簡単そうな袋入りグラスウールは、ビニールと壁や柱に隙間やズレができやすく断熱欠損(断熱材がない部分)が生じやすいです。施工を間違えれば断熱性能が失われ、夏暑く・冬寒い家になります。

新築の時は綺麗だった外壁も↓画像のような姿に...悲しいです...

正しい施工をすれば、冬も暖かく、お家も長持ちします。

弊社は丁寧な仕事をする職人さんとしかお付き合いしてませんので、

断熱リフォームも安心してお任せください!

施工中の現場があれば、ご案内出来ますよ☆