BLOG

2020.10.09

食洗器の話

先日お伺いしたクリナップのショールームから今日は食洗器のお話を。

ミーレ社の食洗器に検討・憧れてる人いませんか?食洗器付けるならミーレ社が良い!と思っている人に読んで欲しいです。

まずはクリナップのキッチン「CENTRO」と「STEDIA」商品にドイツ・ミーレ社の食洗器が搭載できることになりました!

これまでクリナップのキッチンにミーレ社の食洗器を搭載させると食洗器だけミーレ社の扉で色は浮くし、ツラが合わないし…と導入してもなんだかシックリこないし、チグハグしていました。

今回、搭載できることになり、扉カラーも併せられるし、ツラもあってスッキリ納まります!↓\(^o^)/

何より、アフターサービスをクリナップでしてもらえるのは安心材料の一つですね!

ちなみにLIXILもミーレ社の食洗器搭載できるようですよ。

それでは、次にミーレ社の食洗器の内容です

↑画像を見てお分かりの通り、たくさん、いや、めちゃくちゃ入ります。

一般的な某日本メーカーの食洗器と開口45cmタイプで比較すると

実際見ると、鍋やフライパンもラクラク入るでしょうし、ホームパーティーしたあとも全部洗えそうです。

4人家族ぐらいであれば、朝・昼・夜の食器まとめて1回で済みそう。

黄色の取手の操作で食器や調理器具に合わせて高さ調整ができます。

慣れるまでグラグラしそうですが、多分すぐ慣れます。

 

 

次に、乾燥機能は

日本メーカーの食洗器は乾燥機能がついています。

ミーレ社の食洗器はすすぎ後の予熱を利用した乾燥工程がありますが、ヒーターとファンによる乾燥のみのコースはありません。日本メーカーより高温で洗浄するので、洗浄後扉が少し開いて自然乾燥させるという感じです。

なので洗浄後、自分で食器類を拭き上げる作業が必要になりそうです。

(放置していたら乾くと思いますが、それで良いのかは使い手次第...)

なので、乾燥機能が無いのはマイナスポイント...

 

続いて、洗剤

↑洗剤の投入口が扉の裏側に付いています。

左側:洗剤  右側:リンス剤

え?リンス剤??と思った方いませんか?

ミーレ社の食洗器は乾燥機能が無いので、食器に膜をはって水滴を弾くようにするため専用のリンス剤(リンスエイドで検索すると出てきます)を投入するそうです。

※自分で拭きます!という方はリンス剤を必ず入れなくても良いようですよ。

 

最後に形

日本メーカーの食洗器は箱型になっているので、扉を開けても水が漏れることはありませんが、

ミーレ社の食洗器は扉を開くと水が落ちてくる可能性があります。

水を受けるのが...扉...↓赤で〇しているところが受け皿となるよう...(←外国的発想ですよね!それで良いのかは受け手次第。またか!)

食洗器は毎日使うものですから、この記事を少し参考に検討してもらえれば良いかと思います!