BLOG

2018.04.18

【草津市M様邸】地盤改良前の下準備

今日は先日地鎮祭が行われた草津M様邸、建築予定地へ行ってきました。

 

建設会社さんのもと、近日始まる地盤改良のための下準備が行われました。

 

 

建設予定地のすぐ脇には水路があり、地面は緩い箇所が多々あります。

今日は小雨が降っていたので特によく地面の緩さがわかりました!

 

 

長く安全に暮らして頂くために

地盤の補強はとても大切な工事です。

 

 

 

 

建築工房おおすみでは地盤改良に耐震・環境性能の安心を考えて

『砕石パイル』を使用します。

 

砕石パイルとは

地盤に孔を掘り、そこに砕石を詰め込み石柱を形成する天然素材のみを使用した地盤改良工法のことです。

 

 

従来のセメント柱や鋼管杭では地震の衝撃によってヒビが入る可能性がありますが

砕石パイルはもともと固まっていないため地盤の揺れに追随します。

また地盤に水脈があった場合、木材柱やセメント柱なら水によるダメージが心配ですが、

砕石は水を通すのでダメージの心配もありません。

材料は天然砕石だけなので将来的に撤去の必要がなく環境にも優しいんですよ^^

 

 

 

土地を計測し砕石パイルを埋め込む箇所にピンクのテープで印をつけていきます。

 

 

 

20箇所以上、砕石パイルを埋め込み地盤を整え

これからお家を支えることになります^^

 

 

 

本日は地盤改良の下準備だけでしたが

大変勉強になりました!

 

 

少し専門的なお話になりましたが、

これから新築を考えていらっしゃる方は是非参考にしてみて下さい♪

 

 

最後に今回お世話になる建設会社のふせさんですsmiley

 

お顔写真がNGとのことだったので

似顔絵を描かせて頂きました!

 

これからも宜しくおねがいします!