BLOG

2019.08.14

次世代住宅ポイントの話

次世代住宅ポイントとは?

2019年10月の消費税率引上げに備え、その前に駆け込みで住宅を購入される方や、リフォームをする方を支援するための補助金制度が「次世代住宅ポイント」です。

消費税が10%になった後に住宅を購入すると最大35万円、リフォームは最大30万円相当(特例利用で45~60万ポイント)のポイントがもらえるとてもお得な制度です。

 

次世代住宅ポイントをもらうには?

環境に配慮した住宅、高齢者対応した住宅、子育て支援や働き方改革などに繋がる新築やリフォームを対象としてポイントが発行され、そのポイントで様々な商品と交換することができます。

対象世代は次世代住宅ポイント上限引き上げに!

さらに「若者・子育て世代」に該当すると、既存住宅+リフォームする場合は60万ポイント、リフォームを行う場合は45万ポイントが上限になります。

 

※若者・子育て世代とは・・・

〇若者世代(40歳未満の世帯)

〇子育て世帯(18歳未満の子を有する世帯)

 

■新築でポイントをもらう

〇地震に強い住宅やエコ住宅など(A:標準ポイント)

〇省エネに優れた住宅など(B:優良ポイント)

〇食洗器や浴室乾燥機など(C:オプションポイント)が対象になります。

A、B、Cそれぞれにポイント数が決められており、1戸あたりの上限はA+B+Cの合計が35万ポイントとなっています。

 

■リフォームでポイントをもらう

屋根や床を断熱修理したり、太陽熱利用システム節水型トイレをつけたいわゆるエコ住宅設備の設置工事、耐震改修にリフォーム、家事の負担を軽減する設備をつけたリフォームなど。

また、若者・子育て世帯の方は、既存住宅の購入にともなう100万円以上のリフォーム、インスペクションの実地やリフォーム瑕疵(かし)保険もポイント対象になります。

※1戸あたり2万ポイント未満の場合はポイント発行申請ができないのでご注意ください。

 

詳しくは、次世代住宅ポイントポータルサイト

ecopo(えこぽ)